« 題詠Blog2009振り返り15 | トップページ | 選歌された2 »

2009年11月28日 (土)

選歌された1

インターネットの短歌投稿で、最優秀賞をいただく。笹公人氏が主宰している笹短歌ドットコムだ。とても嬉しい。

歌については、笹氏の選評の通りの解釈。ガチャピンを詠みたかったわけ。それを、ガチャピンを歌に出さずに詠んだところがこの歌のポイント。

あと、付け加えるなら、やはり特別支援教育に携わっている私ゆえの視点での歌といえよう。

と、自画自賛している歌は、これ

ぱっとみてムックの方が愛情を受けて育った顔をしている
【憂太郎】

自分でも会心の作だったから、選歌されて、そのうえ講評までいただいてとても嬉しい。ちなみに、笹短歌ならではの評価であり、これは新聞投稿や短歌雑誌の投稿では、全く選歌されなかったろう。笹短歌は、今回の『短歌研究』誌の新人賞受賞者も投稿者の一人であり、投稿者のレベルは高い。そんななかで自分の歌が選ばれたのは、作歌を続けるうえでの自信につながる。

昨日より、このBlogを検索して来てくれた方が、2人ほど。笹短歌で興味を持ってくれたようである。どうぞよろしく。

|

« 題詠Blog2009振り返り15 | トップページ | 選歌された2 »

本日の歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239876/32404769

この記事へのトラックバック一覧です: 選歌された1:

« 題詠Blog2009振り返り15 | トップページ | 選歌された2 »