« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月25日 (土)

題詠Blog2010振り返り20

今年の題詠100首は、後半の方がわりあい良く詠めたように思われた。

来年は何を詠もうかな。やっぱり教育詠かなあ。

097:換 取り換えのきかぬ生徒と担任が教室の中で生活のせり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

題詠Blog2010振り返り19

千で詠んだのは千人。で、「あこがれ詰めて」で、もう満足してしまった歌。

084:千 千人のあこがれ詰めて灰色にくすんでしまつた学舎の建つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

題詠Blog2010振り返り18

お題は、孤独。こういうのは詠みやすいので、わりとするすると詠んだ。題詠Blogの終盤は、そこそこマシな歌を作れている。

083:孤独 同調の圧力かかる教室に漂ふ35人の孤独

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

題詠Blog2010振り返り17

 お題は第。これで、落第を連想するんだものなあ。

079:第 落第の心配のない生徒らの着信光る午後の教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

題詠Blog2010振り返り16

社会科教師だった頃は、授業ではかれこれ10年以上、白衣を着用していた。とても気に入っていた。

070:白衣 引つかけた白衣の袖のほころびの程度さつきの指導上のミス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

題詠Blog2010振り返り15

これは、ほぼ実話。国語の授業に入れ替わったらしいが、教師はもちろん、まわりの生徒も気がつかなかったのでした。

064:ふたご 学級を替へたふたごに誰ひとり気がつくことなく給食を食ふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

題詠Blog2010振り返り14

お題は脳。脳といってもなあ、と考えながらこんな教育詠にしてみた。

058:脳 2割ほどうすーくなった教科書は日本の子どもの脳にやさしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

題詠Blog2010振り返り13

お題はアメリカ。元社会科教師の私は、こんな歌を作りました。

055:アメリカ アメリカと戦争したのは1月の歴史の時間の205頁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

題詠Blog2010振り返り12

わかったようなそうでないような、そんな歌。

050:虹 色覚に異常のありし女生徒の背後に伸びるモノクロの虹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »